Windows Server 2019でRAID5を組んでみる

posted in: AWS | 0

こんにちは松田です。
Windows Server 2019は標準の管理ツールでソフトウェアRAIDを組むことができるとのことなので試してみました。

各バージョン

  • Windows Server 2019

サーバとディスクの準備

EC2でWindows Server 2019のサーバを構築し、ブートディスク(C:\)以外にRAID5を組む用のディスクを3つアタッチします。
ブートディスクも合わせると計4つのディスクになります。
今回はすべて100GBで統一しました。

raid5_01

「コンピュータの管理」で見ると、以下のように未割り当てのディスクが3つになります。

raid5_02

RAID5の設定

ディスク1を右クリックし、「新しいRAID-5ボリューム」をクリックします。

raid5_03

次へをクリック

raid5_04

ディスク1,2,3を追加し、次へをクリック

raid5_05

「次のドライブ文字を割り当てる」を選択し、次へをクリック

raid5_06

「このボリュームを次の設定でフォーマットする」を選択し、次へをクリック

raid5_07

完了をクリック

raid5_08

しばらくすると、新しいボリュームとして利用可能になります。
※再同期が完了するまで45分ほどかかりました。

raid5_09

動作確認

エクスプローラで新しいボリューム(D:\)上でファイルの作成や削除ができることが確認できました。

raid5_10

LINEで送る
Pocket