Swift言語によるiOSアプリ開発

技術

 

初めまして、「松山事務所の石丸」です。

Swift言語によるiOSアプリ開発_画像1

今からiOSアプリ開発を始めるならSwift言語でしょ!

というわけでiOS開発初心者が、Swift言語でiOSアプリの作り方を学んでいきます。

 

では、お約束のHelloWorldから参りましょう。

 

環境をつくろう

 icon-check 準備するもの

開発環境はOS X Yosemite(Ver.10.10.3)、Xcode(Ver.6.3.1)になります。

※ X Yosemiteのアップグレード http://www.apple.com/jp/osx/all-features/

※ Xcodeのダウンロード https://itunes.apple.com/jp/app/xcode/id497799835?mt=12

 

 icon-check プロジェクトの作成

1.Xcodeを起動したら、メニューからFile > New > Projectを選択します。

 

2.テンプレート作成画面では、iOSのSingle View Applicationを選択します。

Swift言語によるiOSアプリ開発_画像2

 

3.オプション選択画面ではLanguageでSwiftを選択。

Swift言語によるiOSアプリ開発_画像2

 

プロジェクトが出来ました。

Swift言語によるiOSアプリ開発_画像2

 

早速Xcodeの画面左上のRunボタンから実行してみましょう。iOSシミュレータが起動して真っ白な画面が表示されます。

Swift言語によるiOSアプリ開発_画像2

これに2通りの方法でHelloWorldを表示してみます。

 

Hello worldを表示してみよう

 icon-check StoryboardでHelloWorld

まずはStoryBoardを使ってコードを書かずにHelloWorldしてみます。

1.画面左のProject Navigatorから、Main.storyboard選択すると画面中央の表示が変わります。

 

2.Xcodeの画面右下のObject Libraryから、画面中央へLabelをドラッグ&ドロップします。

Swift言語によるiOSアプリ開発_画像2

 

3.画面中央のLabelを選択すると、画面右のAttributes InspectorにLabelコントロールの情報が表示されます。

 

4.Label Textに”HelloWorld”と入力して、Labelコントロールに表示するテキストを変更します。

テキストを変更したら文字が欠けないようにLabelの大きさを調整してください。

Swift言語によるiOSアプリ開発_画像2

 

以上で作業完了です。画面左上のRunボタンで実行してみましょう。

 

画面右に寄っていますが、なんとかHelloWorldが表示されました!

Swift言語によるiOSアプリ開発_画像2

この画面中央のコントロールを配置していくUIエディタは「Interface Builder」というそうです。

VisualStudioのダイアログエディタに似ていますが、Viewの追加、追加したViewへの遷移などもこのInterface Builderで作っていきます。

 

 icon-check Storyboardを使わずにHelloSwift

今度はStoryboardを使わずにHelloSwiftと表示してみます。

動的にコントロールを追加したりする場合は、プログラムでコントロールを作って画面に追加します。

 

画面左のProject NavigatorからViewController.swiftを選択すると、画面中央の表示がソースコードエディタに変わります。

Swift言語によるiOSアプリ開発_画像2

 

viewが読み込まれたタイミングで一度だけ呼び出されるviewDidLoadメソッドにLabel生成の処理を書いていきます。

追加したコードはたった3行ですが、1行ずつ説明します。

7行目 let label = UILabel(frame: CGRectMake(100, 100, 200, 50))
UILabelコントロールを生成しています。labelという名前の定数(let)を宣言してUILabelクラスのインスタンスで初期化します。インスタンスの生成でnewは不要です。

UILabelコンストラクタにframeという名前のパラメータで矩形を表現するCGRectを渡して、Labelの位置と大きさを指定しています。

8行目 label.text = “Hello Swift”
これはそのままですね。textプロパティに”Hello Swift”の文字列を設定しているだけです。

9行目 self.view.addSubview(label)
生成したLabelをビューに追加しています。thisではなくself

 

ここまで書いたら画面左上のRunボタンで実行してください。

Swift言語によるiOSアプリ開発_画像2

InterfaceBuilderで追加したHelloWorldとプログラムで追加したHellowSwift、2つのLabelが表示されました!

 

Swiftらしいところは

・letによる定数宣言
・newが不要なインスタンス生成
・パラメータ名を指定してのメソッド呼び出し
・thisではなくself
・行末セミコロンが不要

でしょうか。

 

Swiftは、iOSシミュレータの動作も軽快ですし、Objective-Cに比べてかなり読みやすいと思います。

まだまだ勉強を始めたばかりですが、楽しくプログラムを書けそうです。

では!

 

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj