【Eclipse連携編】Play frameworkでさく×2Webアプリ開発

技術

 
どうも、デーコムの福山(ものまね)ことシンジです。

Playframework

さて、今回はPlay frameworkとEclipseを連携してみましょう。テキストエディタでの開発は嫌だもんね。

 

Eclipseと連携してみよう

 icon-check 準備するもの

Eclipse Kepler以上

※ Eclipseのダウンロード http://mergedoc.sourceforge.jp/

 
コマンドプロンプトを起動し、前回作成したプロジェクトまで移動してください。

次に以下のコマンドを実行してください。

 

 icon-check Eclipseの起動

Eclipseを起動します。ワークスペースは「C:\play」にしてください。

・起動したら、ファイル → インポートを選択する。
・インポートのダイアログが開いたら、「一般」の「既存プロジェクトをワークスペースへ」を選択する。
 以下の内容を入力する。

Playframework

 

プロジェクト欄に表示されましたか?これで、Eclipseで開発ができるようになりました。

 

 icon-check サーバの起動と停止

Eclipse上でサーバの起動、停止ができるように設定してみましょう。

1.上部メニューの「実行」→「外部ツール」→「外部ツールの構成」を選択する。

 

2.外部ツール構成のダイアログが開いたら、左ツリーのプログラムを右クリックする。

「新規」を選択して、以下の内容を入力する。

Playframework

 

3.実行ボタンをクリックする。

そうすると、サーバーが起動しますので、ブラウザを開き、http://localhost:9000にアクセスしてみてください。
 

 icon-check デバッグするための設定

やっぱり、開発するときにデバッグは必要だよね。
 
ただ、Eclipseでちょっとした設定をしてあげないとできないので、その方法をご紹介します。

1.「実行」→「外部ツール」→「外部ツールの構成」を開き、以下のように設定する。

Playframework

 

2.「実行」→「デバッグの構成」を開き、左ツリーのリモートJavaアプリケーションを右クリックする。

「新規」を選択して、以下の内容を入力する。

Playframework

 

デバッグの準備ができたら、早速確認してみましょう。

 

まず、下記の図のようにデバッグ起動、デバッグモードでサーバー起動を行います。

デバッグを確認するために、Application.javaの11行目にブレークポイントをはってみましょう。

Playframework

 

先ほど開いたブラウザを更新してみてください。ブレークポイントでとまりましたか?

これでデバッグも使えるようになりました。

 

次回は、自動生成されたファイルの構成についてみていきます。

 

それでは、素敵なPlay Lifeを!

 

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj