【環境構築編】Play frameworkでさく×2Webアプリ開発

技術

 

どうも、デーコムの小野伸二ことシンジです。

今回は私が最も業務で使ってみたいフレームワークであるplayframeworkについてご紹介していきます。

Playframework
みなさんはJavaのフレームワークは何を使っていますか?

JavaEE? Spring? Seasar2?など様々だと思いますが、なぜ今回playframeworkを選んだのか。

 

なぜplayframeworkなのか。

実際に自社で主に使っているSeasar2と比較すると、少なくとも2倍は高いと思います。
(実測値などはないので、あくまでも個人的な意見です)

なんといっても作ってて楽しい^^

そんなPlayframeworkの主な特徴は以下のとおり。

・Ruby on Railsの影響を受けているため生産性が高い。
・独自の組み込みWebサーバ(Netty)を持っている。
・Java標準のWebアプリケーション仕様であるJavaEE(Servlet/JSP)を使っていない。
・Javaの拡張言語であるScalaでも動作可能。
・RESTfulでありステートレス、つまりセッションがない。全てクッキーを利用。

なんとなく理解してもらえればと思います。実際に使ってみないとわからないしね。

では早速、環境構築のほうに入っていきます。準備はいいですか?

 

環境をつくろう

 icon-check 準備するもの

・パソコン(Windows)※Macでもできますが今回はWindowsベースで説明します。
・Java6以上(予め、インストールしておいてください。)

以下のサイトからplayframeworkのバイナリをダウンロードする。
https://www.playframework.com/download#older-versions  icon-external-link 

Playframework

 

 icon-check 環境構築

1.適当な場所に解凍する。ここではC:\play直下に解凍する。

 

2.playの実行ファイルのパスを通す。

 ・コンピュータを右クリック→プロパティ→システムの詳細設定→環境変数
 ・環境変数のダイアログが開いたら、システム環境変数のPathに以下の内容を追加する。
  C:\play\play-2.2.5

Playframework
 

3.コマンドプロンプトから以下のコマンドを実行し確認する。

以下のような内容が表示されれば、OK!

Playframework
 

環境構築は以上です。簡単でしょ?

じゃあ、早速JavaでおなじみのHello worldでもやりましょうか!

 

Hello worldを表示してみよう

 icon-check プロジェクトの作成

まずは、playframeworkのプロジェクトを作ります。

以下のコマンドを実行してください。

 

実行すると、いくつか質問されるので下記のように入力してみてください。

 

これでプロジェクト作成は完了です。 動かしてみましょう。

 

以下の内容が表示されたら、ブラウザからhttp://localhost:9000にアクセスしてみてください。

Playframework
 

以下の画面が表示されれば、正常にアプリが動いている状態です。

Playframework

 

まだ、1文字もプログラムしてません。 (まぁ、最近のフレームワークでは当然かもしれませんが。。。)

 

 icon-check Hello worldの表示

せっかくなので、Hello worldを表示してみましょう!!

1.以下のファイルをテキストで開いてください。

  C:\play\hello\app\views\index.scala.html

 

2.次に、以下のように編集して保存してください。

【修正前】

【修正後】

 

3.先ほどのブラウザを更新してみてください。

Hello worldが表示されましたか?

 

ね?簡単でしょ?

アプリを動かすためのサーバの設定やアプリのデプロイも一切やってないです。最初に言ったようにplayframeworkには独自のAPサーバを持っているため、新たにAPサーバのアプリを用意してソースをデプロイしてとかっていう手間がないのです。

これでアプリを作れる準備はできました。

 

素敵なPlay lifeを。。。。っと待って!テキストエディタで開発するの?
せかっく生産性の高いフレームワークを使っているのに、テキストで開発なんて本末転倒ですね(汗
ちゃんとPlayframeworkと連携できるIDEはありますよ。

 

現時点で連携できるのは、以下の3つかな。
Eclipse
NetBeans
IntelliJ IDEA

その中でも次回は、Eclipseとの連携についてご紹介していきます。

 

それでは、素敵なPlayライフを!

 

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj