【GoogleAppsScript】スプレッドシートにHelloWorldを表示してみる

 

こんちは。銀座のSE「歌舞伎ライダー」です。

Google Apps Script画像1

最近お気に入りのGoogle Apps Script(以下GAS)を紹介します。

 

Google Apps Scriptとは?

javascript風のGoogleサービスに特化したスクリプト言語。Googleサービスをスクリプトから操作できるので、更新の自動化外部サービスとの連携などの機能を独自に作りこむことができる。

※ 詳細はこちら: https://developers.google.com/apps-script/  icon-external-link 

 

Hello Worldを表示させる

 icon-check 環境構築

環境は簡単に手に入る。Googleドライブを使うための、Googleアカウントを取得するだけだ。

※ アカウントの取得: https://accounts.google.com/SignUp?hl=ja  icon-external-link 

 

 icon-check スクリプトの作成

それでは、HelloWorldを表示するスクリプトを作ってみる。

1.プロジェクトを作成する

Googleドライブへアクセスする。

※ Googleドライブ: https://drive.google.com/drive/  icon-external-link 

Google Apps Script_画像1

 

「新規」>「スプレッドシート」を選択。

【Google Apps Script】スプレッドシートにHelloWorldを表示してみる_画像2

 

作成されたGoogleスプレッドシートが開かれるので、「メニュー」>「ツール」>「スクリプトエディタ」を選択。

【Google Apps Script】スプレッドシートにHelloWorldを表示してみる_画像3

 

GoogleAppasスクリプトエディタが開くので、「空のプロジェクトを作成」を選択。

【Google Apps Script】スプレッドシートにHelloWorldを表示してみる_画像4

 

2.メソットを修正する

プロジェクトが作成されると、サンプルのメソッド「myfunction」が用意されている。

【GoogleAppsScript】スプレッドシートにHelloWorldを表示してみる_画像5

 

このメソッドを下記のコードに修正してみよう。

 

2行目は、Googleスプレッドシートの現在のシートを取得している。

3行目は、1行1列目のセルを取得している。例えば、5行3列目のセルを取得する場合、ss.getRange(5, 3);となる。

最後の4行目では、セルに値を設定している。

 

3.スプレッドシートにHello Worldを表示させる

今回作成するプロジェクト名は「HelloWorld」とした。「メニュー」>「実行」>「myFunction」を選択。

【GoogleAppsScript】スプレッドシートにHelloWorldを表示してみる_画像6

 

実行前にGoogleのサービスへアクセスするために認証画面が現れるので「続行」を選択。

【GoogleAppsScript】スプレッドシートにHelloWorldを表示してみる_画像7

 

続いて「承認」を選択する。

【GoogleAppsScript】スプレッドシートにHelloWorldを表示してみる_画像8

するとスクリプトが実行され、その結果が返ってくる。

 

Googleスプレッドシートを見てみよう。セルA1に「Hello World」が表示されている。

【GoogleAppsScript】スプレッドシートにHelloWorldを表示してみる_画像9

 

これでHelloWorldは完成だ!

 

次回はGASでスプレッドシートを使ってGoogleカレンダーへ登録してみる。

 

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj