高温多湿な環境の熱中症に気をつけましょう

健康

朝晩は暑さが和らぎましたが、日中はまだまだ蒸し暑いですね。

夏は花火大会や音楽フェスティバル、海水浴や川遊びなどのイベントが盛りだくさんで、外出する機会が多いかと思います。

デーコム衛生委員会を紹介します!

まだまだ続く夏を楽しく過ごすためにも熱中症には気をつけたいものですね。

そこで今回は「熱中症」について産業医の先生に聞いてみました。

 

夏も後半戦!熱中症に気をつけましょう_画像1

熱中症とは?

まさしく現代の日本のような高温多湿な環境に、私たちの身体が適応できないことで生じるさまざまな症状の総称です。

人間の身体は暑いと感じると汗をかき、その汗を蒸発させて体温を下げようとします(気化熱)。しかし、高温多湿な環境ではその気化熱の機能が対応できなくなったり、汗をいっぱいかいたことにより電解質のバランスが崩れ、低ナトリウム血症になったりすることで熱中症になります。

熱中症には夏バテ?と感じるくらいの軽度の症状から、意識障害やけいれんなど救急搬送・治療が必要な重度の症状、最悪の場合は、死に至ることもあります。

熱中症の重症度
【軽度】
 icon-caret-right 身体がだるい
 icon-caret-right 汗が止まらない
 icon-caret-right 身体が熱い
 icon-caret-right 立ちくらみ
 icon-caret-right めまいなど
【重度】
 icon-caret-right 頭痛
 icon-caret-right 吐き気
 icon-caret-right しびれ
 icon-caret-right けいれん
 icon-caret-right 意識障害など

 

熱中症になったら

 icon-caret-right 涼しいところに行く
 icon-caret-right 衣服をゆるめ、身体を楽にする
 icon-caret-right 首やわきの下、脚の付け根など大きな脈があるところを氷などで冷やす
 icon-caret-right 吸収されやすいように常温のスポーツドリンクを飲む

夏も後半戦!熱中症に気をつけましょう_画像1

なお、重度の場合はこれらの対処を行い、すぐに病院に行きましょう。

 

熱中症にならないためには

 icon-check こまめな水分補給

「喉が渇いた」と感じる前に水分を摂りましょう。濃度の薄いスポーツドリンクや麦茶は熱中症予防に最適です。粉末タイプのスポーツドリンクは濃度が簡単に調整できるのでぜひ、取り入れたいですね。

カロリーが気になる方はカロリーゼロでミネラル豊富な麦茶がおすすめです。

 icon-check 適度な運動

運動して汗をかくと汗腺が鍛えられ、衰えた体温調節の機能を取り戻すことができます。体温調節の機能が強くなると高温多湿な環境でも適応できるようになりますので積極的に運動しましょう。

ただし、激しい運動をする際は塩飴やスポーツドリンクでナトリウムを摂取することをお忘れなく。

夏も後半戦!熱中症に気をつけましょう_画像1

 

特に注意が必要な方

子供やお年寄りはもちろん、以下の方も注意が必要です。
 icon-caret-right 寝不足、疲労が溜まっている方
 icon-caret-right 二日酔いの方
 icon-caret-right 持病がある方(特に糖尿病の方は自律神経が乱れる事で熱中症になりやすいです)
 icon-caret-right 暑さに慣れていない方(夏の初めは特に注意が必要です)

ちなみに、熱中症は屋外だけでなく湿度の高い室内でも起こる可能性があります。室内でもこまめな水分補給を欠かさないようにしましょう。

いよいよ夏も後半戦です!!まだまだ暑い日が続きますので熱中症予防にぜひ参考にしてみて下さい。

 

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj