冬のインターンシップを開催しました!

 こんにちは!

ちょっと暖かい日が増えたかな?と感じる、やっくんです。

先日、冬の1Dayインターンシップを実施しました。その時の様子をご紹介します。

 

 

【内容】

当日は、下記のような内容で実施しました。

(1)IT業界についての講話

(2)開発体験

(3)エントリーシートの添削

経験者向け、未経験者向け、夏のインターンシップへ参加した方向け、の計3回実施しました。

 

 

【IT業界についての講話】

IT業界の解説では、

・どんな会社がIT業界に属するか

・これからのIT業界はどう変わっていくのか

・エンジニアとしての仕事やりがい

・IT業界での働き方 など。

「ベテランエンジニアから見たIT業界」を伝える内容に、みなさん興味津々でした。

特に、今後のIT業界の動向について興味のある方は、”DXレポート”と検索してみてください!

 

講話の感想として、

「こんなに詳しい話を聞けたのは初めてです!わからないキーワードもいくつか登場したので、帰ってから調べて勉強します!」

と、新しい情報と発見が多く得られたようでした。

 

 

【開発体験(未経験者向け)】

開発体験では、とあるアプリを使いました。

このアプリは、お題に沿った動きをするように、命令の書かれたブロックを組み立てることで、プログラミングを疑似体験することができるアプリです。

実習では、まずはアプリで、パズルのようにプログラムを組み合わせていくことを学びます。

その後、実際にプログラミング言語を用いて、同じ動作をするように、プログラミングに挑戦するという内容でした。

 

実習後の感想では、

「プログラムは、パズルのようだ。ということに気づけて理解が深まりました。実際にプログラミングをして、動くものが作れたときは楽しかったです!」

と、プログラミングの構造と作る楽しさを実感してもらえたようです。

 

 

【開発体験(経験者向け)】

前半と後半に分かれて、別の業務体験を行いました。

前半は、あるプログラムを作ります。そのプログラムは、あえて不具合やミスが発生しやすい内容になっています。

実務でのプログラミングにおいて、不具合やミスが起きやすいポイントを、実際に作りながら体験しました。

後半は、あらかじめ不具合が仕込まれたアプリに対して、不具合を探し、見つけた不具合を文章で他者に伝えるという実習を行いました。

実際の開発現場では、メールや資料など、文章で的確に状況を伝えることが求められますので、体験しました。

 

実習後の感想では、

「曖昧な表現を使ったり、同じ事柄を指すにもかかわらず、別の単語で表現すると、読み手を混乱させてしまう事が分かりました。」

と、文章で伝える難しさを体験できたようです。

 

 

【エントリーシート添削】

実際の内定者のエントリーシート(個人情報がわからないように加工し、本人の承諾を得たもの)を実際に見てもらいながら、

BADポイント・GOODポイントを解説し、その後、実際にESを書いてみましょう、という流れで進めました。

 

添削を終えての感想では、

「その場で採用担当の方からのフィードバックを受けることができるし、実際に内定した方のESを見ることが出来たので、良かったです!」

と、リアルな情報が得られることが好評でした。

 

 

いよいよ3月となり、就活も本格的に始まりましたね!

学生の皆さん、色々な壁を乗り越えて頑張ってください!

それでは~。

 

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj