夏のインターンシップ2019

みなさん、こんにちは。

まだ、暑い天気が続いてますね。

涼しくなるまであと少しというところでしょうか。やっくんです。

 

先日、夏のインターンシップを行いました。

今回のインターンシップは、大阪、松山でも行い、デーコム初の3拠点同時開催しました。

この記事では、東京の様子を中心に紹介していきます。

 

2019年度は、次のことを目的にインターンシップを実施しました。

ものづくりの楽しさとSEの業務を「体験」をする

期間は、8月19日から30日までの2週間。(10日間)

参加者には「SEになったとしたら…」という前提のもと、システム開発の各工程、レビューや打ち合わせといった仕事を体験してもらいました。

 

今年もスマホアプリの開発を行います。開発テーマは、「名刺交換アプリ」です。

このテーマに沿って、各チームはそれぞれ開発します。

開発は、3名2チーム、4名1チームの、計3チームで行いました。

 

アプリ開発するにあたって、1つだけ制限があります。

それは、チーム毎にアプリは別ですが、アプリを超えて名刺交換をできるようにすること。というものです。

 

開発したアプリの紹介

 

まず、自分名刺を作成します。

そのために、各種情報を入力します。

 

名刺交換する際は、お互いに自分の名刺を表示します。

先ほど入力した、自分の名刺データがQRコードに変換され、画面上に表示されます。

 

お互いにQRコードリーダーで読み取ることで、名刺交換を実現します。

 

交換するデータ形式を、各チームが統一することで、アプリを超えた名刺交換ができます。

開発時のことを振り返ってもらうと「データ形式を統一するために、チーム同士の会話や調整が大変でした」と言っていました。

 

読み込んだ名刺データは、座席位置に合わせて並び替えができるようになっています。

 

インターンシップの様子

最初は、みんな静かに作業をしていましたが、次第に会話が増えていきます。

資料や簡単な会話で説明しても、

認識に違いが発生すること。思い込みで進めた作業が、後に作業の手戻りとなってしまうこと。

そういったトラブルがあり、しっかりとしたコミュニケーションをしないと仕事が進められないことに気づいたため、会話が増えていったようです。

実際に、「システム開発に、これほど会話する事と資料を作成する事が多いとは驚きました」という意見がありました。

 

1週目の金曜日には、若手・中堅・ベテラン社員を呼んで、ピザを食べながら交流会をしました。

仕事の楽しいところ、大変だったエピソード、個人的な趣味の話など。現場で活躍するSEと話ができるので、会話が尽きませんでした。

 

懇親会は、大阪、松山とも中継したので、拠点の異なるインターンシップ参加者とも顔合わせが出来ました。

 

最終日には、成果発表会を行いました。

インターンシップ期間中の苦労、工夫、もっとこうしたかったなど。2週間で得られた体験を振り返りました。

大阪、松山とも中継したので、各拠点でどんなアプリが出来たのか、他の拠点ではどんな気づきがあったのか、

発表や質疑応答を通じて共有することができた様子でした。

 

学生みなさんは、2週間という短い時間のなかで、ちゃんとしたアプリを開発し、その過程でとても濃い体験ができたと思います。

今回の体験で、少しでもSEの仕事に興味をもってもらえたら嬉しいです。

 

それでは~。

 

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj